車両保険はいらない!自動車保険を見直して安くするおすすめプラン

スポンサーリンク

今回は自動車保険には車両保険は不要というテーマで述べてきます。
公共交通機関が不十分な地方に住んでいる方には車が必須となります。
車を運転するのであれば必須となる自動車保険を少しでも安くしたいですよね。
結論を言うと、自動車保険を安くするためにやるべきことは、
対人賠償保険と対物賠償保険は無制限でつける
・車両保険は不要
・保険会社はネット通販に切り替える
・契約条件は自分の最適条件に合わせる

となります。
多くの人が無駄につけすぎている補償を見直して、家計を改善していきましょう。

スポンサーリンク

任意保険でつけるべき保障は対人対物無制限

まず、自動車保険は自賠責保険と任意保険の2つに分類されます。
自賠責保険は強制加入の保険で、車検を通している車なら必ず入っています。
これは被害者に対して死亡時に3,000万円、後遺障害による損害は4,000万円、傷害による損害は120万円を補償するという内容になっています。
自賠責保険はどの保険会社も補償内容、保険料が同一のため、実質的には選ぶことができません。

そこで、多種多様な補償内容の中から最適なものを選び、保険料を安く検討できるのは任意保険となります。
任意保険では対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険などが主な補償内容となっています。
この中で、加入するべき補償は無制限の対人賠償保険と対物賠償保険になります。

自動車事故で最も大きな損害が発生するのは被害者が死傷したり、車や家屋など物を壊してしまったときです。
ときには何千万円という賠償命令が下ることもあるため、未加入の場合は人生が崩壊するダメージを負うことになります。
そこで、無制限の対人賠償保険と対物賠償保険に加入していれば、人生が破綻するリスクをグッと下げることができます。

ここで、「人身傷害保険や車両保険は入らなくていいの?」と多くの人が疑問に感じることでしょう。
これらはそれぞれ、
人身傷害保険・・・加入者が運転中や歩行中に自動車事故で死傷した場合の補償
搭乗者傷害保険・・・契約中の車に搭乗して自動車事故を起こし、搭乗者が死傷した場合の補償
車両保険・・・契約している車に損害が発生した場合の補償
という補償内容で、事故が発生したときの自分の身体や車のための補償となっています。
保険の役割は万が一の場合に生活が困窮しないためのものであり、これらは例え加入していなくても公的保険や掛け捨ての生命保険、貯蓄などで十分に対応ができます。
死亡時や高度障害状態になったときに家族が生活に困るのであれば、掛け捨ての生命保険に加入しておけば良いため、自動車保険でカバーする必要はありません。
けがで入院した場合には、高額療養費制度や傷病手当金、休業補償給付などの公的保険と貯蓄で対応できるように、貯金をしっかりと貯めておけば問題ありません。

「でも、車が壊れた時には車両保険があった方が良いな~」と考えている人もいるかもしれませんが、車に損傷ができたときは保険料が上がることを気にして結局保険を使わないってパターンは聞いたことありませんか?

車両保険は修理しても使わないことが多い

民間自動車保険には20段階の等級が設定されており、この等級によって保険料が変わってきます。
6級から始まって、1年間無事故だと1等級上がり、事故を起こすと1件につき3等級下がります。
1回の事故で下がった等級を取り戻すには3年が必要となりますが、その間の保険料は等級が下がる前よりも上がってしまいます。
そのため、多少の傷や凹み、バンパーの破損などであれば、車両保険を使って保険料が上がるよりも、保険を使わずに実費で修理した方が安くなるケースが多いのです。
車両保険に加入してその分の保険料を払っていながら、保険を使わないということが多々あるため、そうであれば車両保険に入る必要はないですよね。

では、全損事故の場合はどうか考えてみましょう。
事故などで車の物理的損傷が大きいということの他に、盗難にあった場合も全損事故に該当します。
これらの場合に車両保険を使ったとしても、新車価格の保険金が下りないという事態に遭遇します。
車の時価額は毎年20%程度下がっていくため、5年以上の中古車ならほとんど価値がなく、微々たる保険金しか得られないということがあります。
また、中古車業界には有限会社オートガイドが発行しているレッドブックという本が重宝されています。
レッドブックには各メーカー、車種ごとに中古車の下取り価格や小売価格が細かく記載されており、基本的に車の価格を安く見積もられがちなので、思ったほど保険金が下りないということがあります。
新車と同等額の保険金が下りる新車特約を付ければ解決できますが、特約を付けることで保険料がさらに上がってしまうので、全くおすすめはできません。

高い保険料を払っていても、保険を使わないケースも多いし、使ったとしても微々たるリターンでは車両保険に入る意味をあまり感じないと思いませんか。
車両保険とはそもそも車の修理代が払えない人のための保険ですが、修理代を払えない人が無理して車を買ってはいけません。
車両保険に支出するよりも、最低限の修理費用を貯めておくことの方が大切です。
移動に車がどうしても必要だというなら、自分の貯蓄と所得相応の中古車を選んでおきましょう。

任意保険を見直すポイント

保険会社を見直す

ネットで通販販売の保険会社をおすすめします。
代理店型・対人販売の保険会社は彼らの給料や店舗維持費を私たちの保険料から支払うことになるので、当然割高になります。
場合によっては年間2~3万円も保険料が変わることがあるので、非常に大きいです。
保険スクエアbangというサイトで一括比較ができるので、車種や用途などを入力して見積もりをとってみましょう。
参考までに、私の思うおすすめの保険会社はソニー損保、セゾンおとなの自動車保険、チューリッヒネット専用自動車保険、SBI損保、アクサダイレクトなどです。
ネット保険だといって事故後の対応が悪いということは一切なく、どこも丁寧に対応してくれます。
人によってはマイカー共済が適している場合があるため、検討してみることもありかもしれません。

契約条件を見直す

保険が適用される範囲となる運転者限定条件と年齢条件を自分の最適な条件に見直しましょう。
運転者限定条件は本人・夫婦・家族・限定なしなど契約した車に搭乗する人が決まっているのであれば、その範囲を限定していくことで保険料を安くすることができます。

年齢条件では、○○歳以上補償という搭乗者の年齢を設定することで保険料が変わります。
適用される人は契約者、配偶者、同居の親族のみであり、知人や友人は適用外という点がよくある勘違いなので注意しましょう。
例えば、26歳以上限定補償に加入している場合、同居している25歳の親族が搭乗して事故を起こした場合は保険を使うことができませんが、25歳以下の友人が搭乗して事故を起こした場合には保険を使うことができます

自分の周りの運転状況を考えて最適な条件を設定しましょう。

車両保険は不要

上記でも述べたように、車両保険は外しましょう。
車両保険を外すだけで、年間保険料が3~4万円も安くなることがあります。
軽い事故なら修理し、完全に壊れてしまったら安い車に買い替えましょう。
相手がいる事故の場合は、相手の保険から修理費用がいくらか下りることもあります。
移動手段以上の期待を込めて高い車を買うのであれば、それは浪費であるとしっかりと認識しておく必要があります。

特約を見直す

特約として付けた方が良いと思うのは「弁護士特約」と「対物超過修理費用特約」です。

弁護士特約は交通事故にあったときの弁護士費用を保険会社が支払ってくれるというものです。
この特約がないと弁護士費用を自分で持つことになり、負担が非常に大きくなります。
弁護士に依頼しないのであれば、現場検証に自分で行く上に、プロの弁護士を相手に言いくるめられて示談金や慰謝料を減らされることもあるため、弁護士特約はぜひつけておきたいです。

対物超過修理費用特約は時価額を超える修理費用が発生したときに、差額を補償してくれる特約です。
例えば、時価額30万円の車に乗っていて、後ろから追突された場合を考えてみます。
この時に対物賠償保険で支払われるのは時価の30万円までです。
しかし、修理費用が70万円かかるとなった場合、差額の40万円は実費で出さなければなりません。
この差額分を補償してくれるのが対物超過修理費用特約となります。

弁護士特約と対物超過修理費用特約はつけていないからといって、人生が破綻する程のリスクは発生しにくいため、本来の保険の役割を果たしてはいません。
しかし、特約は非常に安い金額で入ることができるので、その中でも効果が大きい両特約は入る価値があると思います。

車両保険の浪費を投資に回して人生を豊かにしよう!

以上をまとめると、
対人賠償保険と対物賠償保険は無制限でつける
・車両保険は不要
・保険会社はネット通販に切り替える
・契約条件は自分の最適条件に合わせる

となります。

保険は万が一の場合に人生が破綻しないためのものです。
車両保険が補填してくれるのは、移動手段以上を期待した車という浪費に対してです。
修理費用を自分で払えないのであれば、必要以上に浪費してはいけません。
貯金がないから保険に入らないといけなくなる。
だから益々貯金できなくなるでは、いつまで経っても生活が豊かになりません。
節約したお金を投資に回して、少しずつ人生を豊かにしていきましょう。

コメント