ずぼらで家計簿が続かない…貯金するコツはキャッシュレス化!

スポンサーリンク

貯金したいなと漠然と思って、まず家計簿をつけてみるという人は多いのではないでしょうか。
買い物のたびにレシートを取っておいて後でまとめて記帳しようとしても、そのための時間が確保できなくて、結局レシートだけ溜まっていくのが落ちですよね。
ずぼらで管理が苦手な人でなくとも、仕事や家事に追われているとこうなってしまいます。
家計簿をつけるために必要なことはずばり、完全自動化です。
具体的には、日々の買い物を全てキャッシュレス化すること自動で家計簿がつけられるだけでなく、
①時間を趣味、副業などに使える
②会計がスムーズにできる
③ポイントがついてお得

というメリットを得られるのです。
完全キャッシュレス化で楽々家計簿をつける魅力を見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャッシュレス化で家計簿を完全自動化できる

マネーフォワードMEZaimなど家計簿アプリの多くは自分の銀行口座やクレジットカード、証券口座を登録することで、入出金があると自動で家計簿に記帳するサービスを展開しています。
例えば、給与口座を登録しておけば給料が振り込まれたことを読み取って収入の部に記載したり、クレジットカードを登録すれば支出した日時や金額を支出の部に記帳してくれます。
その他に電子マネーやプリペイドカード、ポイントカードなども登録して紐づけすることができます。
つまり、家計簿アプリに登録した決済方法で買い物をしている限り、自動で家計簿が完成されていくので、面倒で続かなくなるということがなくなります。

時間を趣味、副業などに使える

今まで家計簿をつけていた時間を家事や趣味、副業などに使えるようになります。
私の友人にレシートを見ながら金額を手入力して家計簿を作っている方がいます。
本人はポチポチ入力する時間が暇つぶしになって良いと言っていましたが、私から言わせると時間をドブに捨てているとしか思えませんでした。
せめてレシートのカメラ読み取り機能を使ってくれたらとアドバイスしても、自分にはこのやり方が良いと聞き入れてもらえませんでした。
この記事を読んでいるあなたは、ほんの少しの手続きで趣味やスキルアップに時間を使えるとしたらどうしますか?
キャッシュレス化して自動で家計簿をつけられれば、生活の質が向上すること間違いなしです。

財布を持っていかずにお会計を済ませられる

買い物をクレジットカードやスマホ決済で完結させるため、会計時にお札や小銭の煩わしいやり取りがなくなりスムーズに購入できます。
私は楽天ペイPayPayなどのQR決済を主として使っているため、見知ったコンビニやスーパーならスマホしか持たずにお店に入りますし、QR決済ができないお店でもクレジットカード1枚持って入れば買い物ができます。
現金で買い物をすると店員さんにとっても、預かり金額を数える手間、札・硬貨ごとにレジに整理する手間、お釣りを数える手間が無くなる上に、数え間違いのリスクも0にすることができます。
一度キャッシュレス決済の楽さを味わってしまうと、もう現金払いには戻れなくなりますよ。

ポイントやキャッシュレス還元でお得になる

クレジットカードやスマホ決済の魅力の一つがポイントが付くということです。
これは現金決済では得られないので、キャッシュレス決済は常に約1%引きで買い物ができるという優れた特典があります。
1%なんて誤差だと考える人もいるかもしれませんが、年間200万円消費に使っているのであれば、2万円も節約できるのです。
私の元会社は昇給額が月2,000円だったので、手取りベースで年収を2万円アップさせることと同等の効果を得られるとすれば非常に大きな結果が得られるのです。
また、2020年6月30日までは政府によるキャッシュレス還元キャンペーンで最大5%がポイントバックされます。
塵も積もれば山となると考えて、日々のお買い物をキャッシュレスにしてみましょう。

家計簿ではなく貯金することが目的

以上まとめると
キャッシュレス化することで家計簿が自動作成できる
さらに
①時間を趣味、副業などに使える
②会計がスムーズにできる
③ポイントがついてお得

というメリットを得られます。
重要なことは家計簿をつけることではなく、自分の収支を把握して貯金を増やすことです。
自分がどんな無駄遣いをしているのか、もっと節約できるところはないかという収支の見える化をするために家計簿が必要であって、あくまでも手段にすぎないので、手段の目的化にならないよう気を付けましょう。
ほんの少しの一歩で未来の生活は大きく変わります。
まずはキャッシュレス化の一歩を踏み出してみましょう。

コメント

  1. […] […]