学資保険はいらない。必要のない無駄な加入はおすすめしない理由

スポンサーリンク

こんにちは、ゆとらぼ(@yutolab_fire)です!

今回は学資保険はいらないので、必要のない無駄な加入はやめましょうというテーマで解説していきます。

子供の教育資金を確保する上で、学資保険を活用して大学進学に備えるということが常識になっています。
しかし、この常識があるせい家計の資金繰りに頭を抱えたりいざ大学進学のタイミングに想定よりも教育資金が足りないという事態に陥ります。

あなたが学資保険に入ることで喜ぶのは、紹介者と保険会社だけです。

あなたの将来のことなんて考えていない、学資保険の真実を見ていきましょう。

スポンサーリンク

学資保険は積立型生命保険なので必要ない

結論として、学資保険は結局は積立型保険生命保険の一つなので、入る必要は一切ありません

学資保険とは子供の教育資金を準備するための積立型保険で、親が死亡した場合にはそれ以降の保険料の支払いが不要になる保障が付いた生命保険です。
子供が大学進学した場合の入学資金や学費を蓄えておくことを目的としており、毎月保険料を支払うことで子供の進学のタイミングでお金が戻ってくるという仕組みになっています。

しかし、積立型保険は保険機能、貯蓄機能、投資機能のどれをとっても中途半端な性質しか持っておらず、保障が欲しいなら掛け捨て保険、貯蓄したいなら銀行預金、お金を増やしたいなら投資信託をそれぞれ選ぶべきです。

こちらでも詳細な説明をしているので、参照してください。

保障を求めるなら掛け捨て保険に入るべき

学資保険は保障内容が薄く不十分なため、しっかりとした保障を求めるのであれば掛け捨て型の生命保険に入るべきです。

学資保険では、満期を迎える前に親が死亡した場合には残りの保険料支払いが不要になる、という保障が付いているものが多いです。
しかし、残りの保険料が免除されるというだけで、その後の生活に必要な保険金が下りるというものがほとんどありません。

満期を迎える前であれば子供が経済的に独立する前なので、万が一死亡した場合には家族が生活に困窮しないように掛け捨て型生命保険に入っておく必要があると思います。
いずれ掛け捨て型保険に入る必要があるのであれば、万が一の保障を求めて学資保険に入る必要性はありません

貯蓄を求めるのであれば銀行預金にするべき

「死亡時の保障は求めていないが、コツコツと貯蓄できるから学資保険は必要」と貯蓄性を求めるのであれば、リスクの低い銀行預金にするべきです。

学資保険を始めとした積立型保険には
・途中解約すると返戻金が少なくなる
・満期時でも元本割れになるリスクがある
・保険会社が倒産したら支払額の9割以下しか戻ってこない

という大きなリスクがあります。

これらを考慮すると、銀行の定期預金や財形貯蓄の方が低リスクで貯蓄することができます。

途中解約すると返戻金が少なくなる

満期を待たずに途中で解約すると、支払額よりも返戻金が少なくなり元本割れを起こすリスクがあります。

平成30年度生命保険に関する全国実態調査<速報版>によると、2015年~2018年の解約経験率は9.2%であり、約1割の人が途中解約をしています
学資保険は子供が大学に進むまでの約20年間積み立て続けるので、その間に絶対に解約しないということは誰にも言い切ることはできません。

ここで、「元々子供の進学まで持ち続ける予定のお金だし、積立で強制的に貯金ができるから良い保険」という意見を聞くことがあります。
しかし、貯蓄性を求めるのであれば、定期預金や財形貯蓄で給与から天引きにすれば貯金はできますし、途中解約による元本割れリスクもありません

満期時でも元本割れになるリスクがある

学資保険の中には、満期になっても払い込んだ全額が戻らない、という信じられないリスクもあります。
払った額より少ない金額しか戻ってこなかったとして、裁判で争ったケースが珍しくありません。
子供の進学のためと、一生懸命長い期間積み立てを続けてきたのに、こんな仕打ちを受けるなら入る魅力は皆無ですよね。

保険会社が倒産したら支払額の9割以下しか戻ってこない

保険会社が倒産した場合は、支払額の9割以下しか戻ってきません

保険会社が倒産するという可能性はゼロではなく、1997年~2008年の間に生命保険会社が8社倒産するという事例が実際に起きたので、今後も十分起こり得ることとして考えなければなりません。

にもかかわらず、保険会社が倒産した場合は払い込んだ金額が全額戻ってくるわけではなく、責任準備金の9割以下しか戻りません

それに対して、銀行が倒産した場合は預金保険制度により1,000万円までは預貯金が全額戻ってきます
わざわざリスクの高い学資保険を選ぶ理由はありません。

お金を増やしたいなら自分で資産運用するべき

学資保険は手数料の高いぼったくりの投資商品なので、お金を増やしたいという目的であれば、自分で資産運用するべきです。

普通預金の利息は0.01%~0.1%程度で、5年の定期預金であれば0.1%~0.3%の利息がつきます。
一般的な投資信託は利回り3%~6%が期待できる優良商品がありますが、それに対して学資保険は上手くいったとしても0.5%以下ですし、先述したようにマイナスになる可能性も大いにあります

「自分で運用するのはリスクがあるし、学資保険に積み立てておけば安心」と考えている人もいますが、学資保険も結局は投資なのです。
学資保険は、私たちが支払った保険料を投資信託や債券で運用しているので、結局は投資に回されリスクにさらされています。
そして、学資保険はリスクとリターンが全く釣り合っておらず、きちんと勉強すれば自分で投資した方が低リスク高リターンにできます。

自分で資産運用すれば3%~6%の利回りが期待できるのに、学資保険ではぼったくりの手数料を引かれて極端に利回りが低くなってしまいます
楽天VTIに20万円だけ投資して18年間放置した方が、学資保険に投資するより金額が増える可能性が大きいですよ

大学の学費は30年間で1.8倍に上昇

貯金でコツコツ積み立てようと思っても、いざ子供が大学に入るタイミングで資金が足りないという事態に陥ることがあります。
実は、教育資金は大きく価格上昇しておりインフレ率が高いので、現在の想定よりも必要資金が多くなることがあります

文部科学省の国公私立大学の授業料等の推移によると、1976年~2017年の42年間で大学の授業料+入学料の金額は国立大学で6.6倍、私立大学で3.4倍になっています。
直近30年に絞ってみても国立大学で1.8倍、私立大学で1.5倍になっており、年利で換算すると、それぞれ年間2.0%1.4%のインフレ率で学費が上昇しています。

文部科学省 国公私立大学の授業料等の推移 より作成

つまり、学資保険のような年利0.5%の運用ではインフレリスクに対応できず、年間1%以上の資産価値が下落していっているのです。

こうした事態に対応するためにも、年利2%以上の資産運用を目指さなくてはいけません。
投資が怖いという気持ちはわかりますが、今は資産運用しない方が怖い時代になっているのです。

学資保険は子供を想う親心に付け入るドアノック商品

学資保険は子供の幸せを想う親の心に付け込む商品で、これに加入したが最期、次々と保険に加入させられます

一般的な常識として、「子供が生まれたら学資保険に入るもの」という刷り込みが至る所でされます。
その結果、「子供のためを想うなら学資保険で準備しておかなくちゃ」と何も考えず反射的に加入してしまうことになるのです。
もし断ろうものなら、「学資保険で子供の教育資金を準備していないなんて非常識!」「子供がかわいそう!」などという批判を浴びるのが怖くなり、加入せざるを得ないということにもなります。

そうして一度入ったが最期、学資保険をきっかけに次々を保険を加入させようと営業をかけてきます
学資保険に加入していることで一貫性の原理という心理作用が働いてしまい、それ以降の保険を断りづらくなってしまうのです。

子供のために入った学資保険のせいで、次々と加入した多額の保険料を支払うことになり、十分な教育をしてあげられないのでは本末転倒です

すでに加入しているなら、残りの期間と解約返戻金を確認

「学資保険は粗悪なものだとわかったけど、すでに加入している場合にはどうすれば……?」

そんな場合には、まずは落ち着いて満期までの期間と解約返戻金を確認しましょう

残りの期間が10年以上あるのであれば、解約しても資産運用で元本割れ分はしっかりと取り戻すことができます
残りが5年程度になってくると満期まで待った方が良い場合もあるので、各自のライフプランに合わせた方法をケースバイケースで選択するしかありません。

元本割れ分を取り戻す試算は、下記に詳細が載っているので参考にしてください。

本当に子どもを想うなら、加入しない選択が大切

以上をまとめると、
・学資保険は積立型保険の一つなので不要
・実態は手数料ぼったくりの投資商品
・教育費はインフレリスクが大きい
・自分で運用していく必要がある

となります。

ネット上や電話セールスで学資保険をおすすめしてくることがありますが、紹介者の利益の流れを考えることが重要です。
彼らはあなたのことなんて考えておらず、紹介手数料で儲かるからおすすめしているに過ぎません。

学資保険の目的は教育資金を貯めることです。
学資保険に入るか否かで悩むのではなく、家計全体を見直して自分で貯蓄していくことを考えましょう。

そして、家計を見直して余裕資金が出てきたら、投資に回して資産運用していきましょう。

コメント