ETFと投資信託はどっちが良い?メリット・デメリットを比較!

スポンサーリンク

今回はETFと投資信託のメリット・デメリットを比較して解説していきます。
結論をいうと、投資初心者には投資信託をおすすめします。
ETFは投資信託と比較してコストは安いのですが、積み立てや分配金再投資を自分で行う必要があり、感情が入り込む余地が多い投資先です。
投資初心者でも知識を入れて比較することは重要ですので、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ETFは投資信託が上場したもの

ETFはExchange Traded Fundの略で、日本語では上場投資信託と呼びます。
証券取引所に上場した投資信託がETFと呼ばれ、市場で自由に売買できるようになります。
投資信託が上場するってどういうこと?とイメージが湧かない人が多いと思うので、投資信託の特徴をおさらいしておきましょう。

投資信託の特徴

・株や債券を集めたパッケージ商品
・個別株、債券に投資するより低リスク
・少額から投資できる
・手間がかからない
・法律上厳重に資産が保全されている

投資信託の特徴として以上のようなことが挙げられます。
詳細は下記を参照してください。

ETFの特徴

ETFは、基本的な特徴は先述した投資信託の特徴と同じです。
しかし、上場している分投資信託とは異なる部分があるため、下の表に違いをまとめました。

ETF投資信託
上場・非上場上場非上場
価格リアルタイムで変動1日1回算出される
買う場所証券会社ファンドによる
・証券会社
・銀行
・郵便局など
注文方法指値が可能値段を指定できない
自動定額積み立てできないできる
配当金の再投資自分でやる自動でやってくれる

投資信託と比較したETFのメリット

先述の表のような違いが投資信託とETFにはありますが、その中でETFの方がメリットとなる部分は
・ETFはリアルタイムで価格が変動するため、買う時点で購入数がわかる
・一般にETFの方がコストが安い

ということが挙げられます。

投資信託は一日一回、ETFはリアルタイムで価格が決定する

投資信託は1日1回決定される基準価格でのみ購入ができますが、ETFはリアルタイムで価格が変化するため、注文方法に大きな違いがでます。

価格の決まり方

投資信託では1日の中で1回だけ基準価格が計算されます。
この基準価格は、
①その投資信託が保有している株や債券の時価総額に
②利息&配当金をプラスして
③運用コストなどを差し引く
ことによってその投資信託全体の純粋な資産がわかるので、これを1口当たりの金額に直すことで基準価格が計算されます。

一方、ETFは上場されており常に市場で売買されているため、リアルタイムで価格が変動します。

注文方法

投資信託は販売会社に口数指定金額指定をして申し込みます。
口数指定は投資信託を何口購入するかを指示し、金額指定は指示した一定金額の中で購入できる口数分を買うことができる注文方法です。
基準価格が決まるのが1日1回のため、注文しても翌日にならないと自分が何口買えたかわかりません

ETFの場合は指値成行で注文ができます。
指値とはファンドが指定した価格に達したら購入する方法で、成行は値段を指定しない注文方法となります。
ETFの場合は価格がリアルタイムで変動しているため、その時点で購入数が確定します。

ETFの方がコストが安い

一般に、ETFの方が投資信託よりも取引にかかるコストが安いといわれています。
2020年1月2日現在では、投資信託のコスト削減努力が目覚ましいので大きな差がなくなりつつありますが、ETFと投資信託では運用会社の仕組みが異なるため、手数料の分配も異なってきます。

ETF投資信託
購入時売買手数料購入時手数料
保有時信託報酬信託報酬
売却時売買手数料信託財産留保額

購入時

投資信託ではファンドまたは販売会社ごとに異なる「購入時手数料」がかかります。
ぼったくりの投資信託では3%もかかるものもあるため、注意が必要です。
つみたてNISAの対象投資信託は手数料が無料のノーロードがほとんどのため、制度を活用するのであればノーロードのものを選びたいところです。

一方ETFでは証券会社ごとに異なる「売買手数料」がかかります。
購入額に応じて証券会社が決めた売買手数料を支払うことになります。

保有時

ETF、投資信託ともに保有時には運用の手数料として信託報酬を毎年支払います

投資信託の場合は運用会社、販売会社、信託会社の3社で信託報酬を分け合います
販売会社には購入時に手数料をとっているのですが、信託報酬でも販売会社の分の手数料を支払っている場合があります。

ETFは市場で自由に売買できるため、販売会社を通す必要がありません
そのため、販売会社に手数料を支払わなくてよくなる分、信託報酬が安くなります

売却時

投資信託の場合は解約するときに、信託財産留保額を支払う場合があります。
投資信託によって基準価格の何%という形で解約代金から差し引かれますが、手数料がかからない投資信託も多くあります。

ETFでは証券会社ごとに異なる売買手数料を支払います。

以上のように、投資信託とETFで支払う手数料に違いがあり、一般にETFの方がコストが低いといわれています。
いずれの場合でも購入時、保有時、売却時の手数料が合計で0.5%を超えたら手数料が高いと考えてください。

投資信託と比較したETFのデメリット

反対に、投資信託と比較したETFのデメリットは
・分配金再投資を自動でできない
・リアルタイムで価格が変動するため、感情に流される危険がある

ことが挙げられます。

分配金再投資を自動でできない

保有しているETFに分配金がある場合、一度受け取ってから自分で再投資する必要があります。
投資信託であれば自動でやってくれるところが多いのですが、ETFの場合には自動ではできないというデメリットがあります。

投資は複利の効果でその力を発揮しますが、分配金が再投資されない場合は資産の増え方が小さくなってしまいます。
リターンをより大きくしたい場合は再投資をしていく必要があるのですが、一度受け取った分配金を自分で再投資するのは
・面倒でやらなくなってしまう
・欲しいものに使ってしまう

というリスクが大きく、再投資を止めてしまう危険性があります。

感情に流された買い付けをする可能性がある

メリットでリアルタイムで買い付けができることを挙げましたが、これはETFのメリットでもありデメリットでもあります。
価格が常に変動するため、その上下に振り回された投資をしてしまう可能性があります。

投資信託の場合は、たとえ株価が暴落してもそれが判明するのは翌日のため、1日経過することで冷静さが戻る時間があります
しかし、リアルタイムで取引をするETFは感情が入り込む余地が大きく、機械的な積立投資の継続が困難になる可能性が高いのです。
値上がりしたから毎月の積立額を減らした、暴落を見て怖くなり買えなくなった、暴落がショックで売ってしまったということが往々にして起こりえます。

ETFは扱いが難しいので、初心者は投資信託が無難

以上のETFのメリット・デメリットから、投資初心者には投資信託をおすすめします。

コストはETFの方が安いのですが、長期投資の鉄則である
・機械的な積立投資
・分配金の再投資

感情が入り込むことで崩れる可能性が高いのです。

また、投資信託のコストも企業努力により大きく下がってきているため、以前ほどコスト面で差がなくなってきました
そのため、長期の投資であればドルコスト平均法を使って自動で機械的に積み立てることが無難なため、慣れていない方は投資信託を選んでおいた方が良いと思います。

自動積み立てで投資したことを忘れるくらいがちょうどいい

以上をまとめると、
・ETFは投資信託よりコストが安い
・ETFは分配金再投資が自動でできない
・ETFはリアルタイムで取引できる分感情に流されやすい
・投資初心者には投資信託がおすすめ

となります。

ETFはコストが投資信託よりも安いのですが、手動でやることが多い分中上級者向けの投資先だと思います。
投資成功のコツは「投資したこと自体を忘れること」とよくいわれます。
積立も分配金再投資も自動でできる投資信託は、最初の設定さえ終わらせれば忘れることができるため、初心者は投資信託を選びましょう。
ただし、投資信託でもぼったくり商品は多いため、注意が必要です。
正しい知識を身につけて、ぼったくりから身を守れるよう勉強していきましょう。

コメント

  1. […] […]