どんな副業から始めれば良い?フロー型とストック型を使い分けよう!

スポンサーリンク

こんにちは、ゆとらぼ(@yutolab_fire)です!

今回はどんな副業から始めればよいかわからない方のために、フロー型ビジネスとストック型ビジネスの特徴と使い分けを解説していきます。

セミリタイアする上で必要なのは労働からの解放です。
しかし、労働を抜け出すと生活資金が確保できず困窮してしまいます。
そんなバランスを考えつつ、それぞれのビジネスを使い分けていきましょう!

スポンサーリンク

フロー型は狩猟タイプ、ストック型は農耕タイプのビジネスモデル

ビジネスの形態は、大きく分けてフロー型ストック型の2つがあります。

フロー型は商品やサービスをその都度販売して単発的に収入を得るビジネスモデルで、コンビニのアルバイトやUber Eats(ウーバーイーツ)、せどりなどが該当します。
報酬を得るためにはその都度狩りに行く必要があるため、狩猟型のビジネスモデルと例えられます。

ストック型は仕組みや権利を作ることで継続的に収入を得るビジネスモデルで、ブログやアフィリエイト、YouTube、不動産収入などが該当します。
仕組みさえ作ることができれば安定した収穫が期待できることから、農耕型のビジネスモデルともいわれます。

それぞれのメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリットデメリット
フロー型即金性がある
ハマれば爆発力がある
その都度労働が必要
収益が安定しない
ストック型その都度の労働が不要
仕組みを構築すれば安定した収入が得られる
収益が上がるまで時間がかかる

フロー型ビジネスのメリット

フロー型ビジネスのメリットはすぐに結果が出て、やり方次第では爆発力があることです。

フロー型の一番の魅力は労働に対して即金性があることで、会社員は労働の分の固定給が毎月もらえたり、アルバイトも時給に応じて働いた分だけ入金があります。
労働した分や売れた分が収入になることがわかりやすいため、モチベーションが継続しやすいことが魅力です。

また、フロー型の中でもせどりやネット関連のビジネスはハマれば非常に爆発力が大きいことが魅力の一つです。
せどりでは、本気で注力すれば月100万円以上目指すことも不可能ではありませんし、ウェブデザイナーは実力と営業次第で案件を何本も受注することができます

フロー型ビジネスのデメリット

フロー型ビジネスのデメリットは、収入を得るためにはその都度労働が必要になり、収入が不安定になることです。

商品やサービスの売り切りを基本としたフロー型ビジネスは、収益を得るためには労働を継続していかなければなりません。
けがや病気で働けなくなったら収入は途絶えますし、商品やサービスが売れなくなったら収入が安定しなくなります

そのため、会社員を始めとしてフロー型ビジネスだけやっていると、この先ずっと労働し続ける必要があるため、人的資本の健全さが重要となるビジネスモデルです。

ストック型ビジネスのメリット

ストック型ビジネスのメリットは、仕組みさえ作ることができれば労働しなくても安定的な収入の継続が期待できることです。

フロー型は収入を得るためにはその都度労働が必要になることがデメリットでしたが、ストック型では労働しない時間でもお金を生み出す資産を作り出すことができます

そのため、万が一のことがあり働けなくなった場合でも、安定的な収益が見込めるというフロー型にはないメリットがあります。

ストック型ビジネスのデメリット

ストック型ビジネスのデメリットは、収益が上がるまでに長い時間を要することです。

フロー型は労働した分収入が得られる即金性がメリットでしたが、ストック型では必ずしも収益に結び付くかが未確定で、その収益が実るまで時間がかかります
ブログやアフィリエイトはアクセスが集まるまでに数ヶ月、月5万円の収益が上がるまでに1年以上かかるということは珍しくありません。

そのため、収益が得られない期間にモチベーションが落ちてしまい、仕組み作りを継続できなくなることもよくあることです。

フロー型を極めつつ、ストック型を育てるべき

フロー型とストック型の特徴を解説してきましたが、結局どっちがおすすめなの?と疑問を持つ方もいるでしょう。

私は、フロー型ビジネスで確実な収益を得ながら、ストック型ビジネスをコツコツ育てていく方法がベストだと考えています。

最終的にセミリタイア生活を目指すのであれば、徐々に労働から解放されていく必要があります。
そのためには、自分が働いていない時でもお金を生み出してくれるような資産を構築していくことが重要になります。
そのため、ストック型の継続的な安定収益を得ながら、労働から徐々に解放されたいというのが本音です。

しかし、ストック型ビジネスは収益が上がるまで時間がかかるため、それ1本でいくのは生活面でリスクが非常に高いです。
既に収益を得られる仕組みが仕上がっているのであればストック型ビジネスのみで生活していくことも良いかと思いますが、これから始めるのであればフロー型ビジネスで生活を安定させることが重要だと思います。

会社員の方であれば生活資金は労働収入で得られているため、副業としてブログやアフィリエイトを育てていくことはよいでしょう。
現状雇用されておらず生活資金が安定していない方であれば、せどりなどのフロー型ビジネスで入金力を高めつつ、ブログなどのストック型ビジネスを構築していくのが王道ではないでしょうか。

セミリタイアには継続的な収入が不可欠

セミリタイアには、自分が働いていなくても収入が得られられる仕組みが必要不可欠です。

ストック型ビジネスは継続的に収入が得られるといっても、定期的にメンテナンスをしなければ売り上げはどんどん落ちていきます。
圧倒的な事業所得を稼いでも、浪費して全部使ってしまったら労働からは抜け出すことはできません。

労働から解放されていくためにも、事業所得で得た収入は不動産所得や配当利子所得を得られるように投資に回していくことがおすすめです。

コメント