高配当株投資の安定した不労所得で資金繰りを改善して生活を楽に!

スポンサーリンク

今回は高配当株に投資をして安定した不労所得を得ることで、支出を賄い生活を楽にする方法を解説していきます。
・貯金はある程度あるけど、銀行に眠ったままで使い道がない
・毎月数千円、数万円でも不労所得で支出に充てたい
という方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

インデックス投資では生活が豊かにならない

当ブログでは長期投資するのであればS&P500をベンチマークとしたインデックス投資をおすすめしています。
インデックス投資って何?という人は下記を参考にしてみてください。

インデックス投資は長期間で資産を最大化するには絶好の投資手法なのですが、日々の生活が豊かにならないというデメリットがあります。
株価の成長性に投資をしてキャピタルゲインを狙うインデックス投資は、投資中は常に含み損益の状態になります。
つまり、インデックス投資で含み益が3,000万円あったとしても、毎月の資金繰りが楽になっていかないのです。
そのため、セミリタイアには向かない投資手法です。

また、毎年確実に増えるわけではなく、プラスの年もあればマイナスの年もあります。
資産が目減りする時期もあるため、精神的に辛くなり積み立てを止めてしまう人も中にはいます。

豊かになるために投資をしたはずなのに、資産が増えている実感をしにくいことがインデックス投資の欠点なのです。

生活の資金繰りを改善したい人は高配当株投資がおすすめ

そこで、資産の最大化よりも日々のキャッシュフローを改善したいという方は、不労所得を得られる高配当株投資を実践してみてはいかがでしょうか。

企業の中には、株式を一定日まで取得していると配当金を出してくれるところがあります。
株価に対して配当金利回りが高い株式のことを高配当株と呼び、このような株式に投資していき配当金を得ていく手法が高配当株投資といいます。

株価に対していくら配当金を出してくれるかという指標を配当利回りといい、配当金÷株価×100(%)で表されます。
例えば、株価1,000円の株式の配当金が30円だった場合は配当利回りが3%となります。
何%以上が高配当というかは人によって様々ですが、私は配当利回り3.5%以上の株式を高配当株と呼んでいます。

例えば、900万円を高配当株に投資をして、税引き後配当利回りが4%のポートフォリオを組めたとしましょう。
このとき配当金は年間36万円もらえるので、ひと月当たり3万円の不労所得を得ることになります。

固定費を配当金で支払える

月3万円の配当金があったら、固定費を不労所得で支払うことができます
節約するにはまず固定費からですが、固定費の節約の方法は下記を参照してください。

水道代、ガス代、電気代、通信費、保険料などの固定費を上記サイトを参考にして削減すると、月々3万円はかからないようになります。
生活において必須の固定費を配当金で賄うことができるのは、生活の資金繰りを改善する上で非常に大きなことです。
残りの大きな生活費である家賃、食費、日用品などの支出のみを労働で稼げば生きていけると考えると、生活が大分楽になりますよね。

趣味費として使う

月3万円を毎月趣味に使えている人は中々いないと思いますが、配当金を得ることでそれが実現します。
会社員の方のお小遣いが月3万円程度であることを考えると、それに追加して3万円が自由に使えると様々なことができます。

・コンサート鑑賞(S席1万円)………年間36回観られる
・映画鑑賞(3,000円/回)………年間120回観られる
・ゲームソフト(6,000円/本)………年間60本買える
・高級フレンチ(3万円/回)………年間12回食べられる
・高級一眼レフカメラ………毎年買い替えられる

・ビジネス書(1,500円/冊)………年間240冊買える
・習い事………会費1万円の習い事に3つ入れる

月に3万円が自由に使えると、こんなにも趣味を充実させることができます。
趣味に思う存分没頭することでモチベーションが高まりますので、うまく使えば自己投資にすることもできます。
たかが3万円といえど、侮れない金額です。

高配当株に再投資する

配当金として受け取った3万円を再度高配当株投資に投資することで、徐々に配当金を増やしていくことができます
年間36万円を配当利回り4%の株式に再投資すると、翌年の配当金は年間37万4,400円になります。
このように再投資を繰り返していくと、20年後には年間78万8,800円となり、倍以上に増えることもありえます。
株式の増配を考えれば、実際にはこれ以上にもらえる配当金が増えることもあるため、配当金再投資は中々バカにできないパワーをもっています。

このように増えた配当金で先述したように生活支出を賄ったり、趣味に使うことで、生活が豊かになることを実感することができます。

高配当株投資で狙うは成熟企業

生活を豊かにしてくれる配当金ですが、高配当株投資で買うべきはどのような企業の株でしょうか。
高配当株投資で買うべき企業は
・配当金が増える企業
・株価が横ばいか上昇する企業
・倒産しなさそうの企業

という3つの特徴を持っています。

配当金が増える企業

毎年配当金を増やしている企業を連続増配企業と呼びますが、配当金が増えることは高配当株投資の魅力そのものが増大するため、非常に注目すべき特徴です。

仮に毎年3%ずつ配当金が増えていったとすると、24年後には配当金が2倍になります。
先ほどの例のように、配当利回りが4%の株式に配当金再投資をした上で毎年3%ずつ増配していったとすると、24年後には配当金が5.2倍にもなります。

日本で30年以上連続増配しているのは花王ただ1社ですが、アメリカにはコカ・コーラやジョンソン&ジョンソンなど30年以上連続で増配している企業が40社以上あります。
そのため、アメリカの高配当ETFを買っていけば増配する可能性が高くなることが見込めます。

株価が横ばいか上昇する企業

配当金をもらえたとしても、株価が下がり含み損を抱えてしまったらトータルで損になってしまうため、株価が安定して横ばいか上昇する企業を狙うべきです。

仮に配当利回りが5%だったとしても、株価が5%下落したら損得が打ち消されてしまいます。
配当利回りが5%で株価が横ばいだった時に、純粋に配当利回り5%ということができます。

横ばいよりもさらにいいのが、配当も出つつ株価が上昇している企業の株式です。
株主に利益を還元しながら成長できるということは企業として非常に健全なので、積極的に狙っていきたい銘柄になります。

倒産しなさそうな企業

倒産してしまうと配当金がゼロになる上に投資額が丸損になるため、当然避けるべき銘柄です。
どの企業が倒産するか簡単にわかれば苦労はしませんが、楽して情報収集する術はありません。
自分の高配当ポートフォリオに入っている銘柄のチェックは定期的に行うのは当然として、新規購入を検討する際は倒産の恐れがないか十分に調べてから決断するようにしましょう。

以上のように
・配当金が増える企業
・株価が横ばいか上昇する企業
・倒産しなさそうの企業

という特徴を持つのは消費者独占力を持つ成熟企業である場合が多いです。
Amazonなどの成長企業は配当金がそもそも出ないというケースがほとんどのため、ある程度市場が成長しきった企業に着目して探すようにしましょう。

不労所得を増やして生活を豊かにしていこう

セミリタイアするためには不動産所得か配当所得をある程度得ていく必要があります。
真の意味で不労所得といえる配当所得を増やしていくことこそが、セミリタイアに近づくコツになると思っています。
銀行に眠っているだけのまとまったお金があるのであれば、お金がお金を生む仕組みを作って、生活を豊かにする方法を模索していきましょう。

コメント

  1. […] […]