投資をするなら株の基本を学ぼう!株式会社と株式投資の仕組みを解説

スポンサーリンク

多くの人が株式会社に勤めてる、もしくは株式会社と取引をしているにもかかわらず、株式会社って何?と聞かれてすらすら説明できる人は意外と多くはありません。
株式投資をやっている人でも、株を買うことの意味や証券取引所の説明を言えないということもよくあります。
そこで、今回は株式会社と株式投資の仕組みの基本をお伝えします。
今回お伝えする結論は
・株を買うということは会社のオーナーになるということ
・上場企業の株式を証券会社を通じて証券取引所で売買する
・株価は買い手と売り手の需要と供給のバランスで決まる
・株式投資の利益はキャピタルゲインとインカムゲインの2種類がある
・株式投資はギャンブルではない

ということです。
身近なもので意外と知らないからこそ、しっかり勉強して苦手意識を克服しましょう。

スポンサーリンク

株を買うとは会社のオーナーになるということ

株式会社というのは、株式を発行して投資家から調達した資金を元手に事業を行う会社のことを指します。
例えば、新しく会社を作るのに1,000万円が必要だとします。
自分一人で1,000万円もの大金を用意することは大変なので、出資してくれる人を募ります。
ここで、Aさんが500万円、Bさんが300万円、Cさんが200万円を出資してくれることになりました。
1株を1万円として発行したとすると、出資してくれた額に応じてAさんに500株、Bさんに300株、Cさんに200株渡します。
これにより会社の事業資金を用意でき、Aさん・Bさん・Cさんの3名が株主というあなたの会社のオーナーになりました。

つまり、株を買うとは会社のオーナーになるということになります。
オーナーとなった株主は会社の経営に関して発言権を持ちますが、持っている株数が多いほど発言権が強くなります

社長が会社のオーナーとは限らない

株式会社には株主総会と取締役の2つが必須の機関とされており、どんな株式会社であってもこの2つは必ず設置されています。
取締役は原則として株主総会で選任および解任されます。
取締役の中から1名を選んで代表としますが、これを代表取締役といいます。
よく耳にするのは代表取締役社長という響きですが、社長というのは本来社内用の肩書であって正式な名称ではありません。
株主総会から取締役が決まることからわかるように、必ずしも社長が会社のオーナーであるとは限りません
特に大企業の場合は雇われ社長であることが多いので、オーナーと社長が別というケースが普通です。
中小企業の場合は社長自らが出資して立ち上げている場合が多いため、株主兼代表取締役というオーナー社長であることが珍しくありません。

上場企業のオーナーには誰でもなれる

東証一部上場というようなことをニュースなどでよく耳にしますが、では上場とはどういうことで、上場するとどうなるのかって言われるとなかなか説明に詰まりますよね。

上場企業とは株を証券取引所で売買できる企業のことで、上場するということは証券取引所で株が売買できるようになるということです。
非上場企業の場合には、私たちがある会社の株を買いたかったら株主に直接交渉して売買するしかありません
しかし、上場企業であれば証券口座を持っていれば証券会社を通じて誰でもその企業の株を買えるようになるのです。
企業が上場することによるメリットは
・会社の信用度が高まる
・市場から資金調達ができる
・知名度が上がる
・経営の透明性が上がる

ということが挙げられます。

では、株を取引できる証券取引所とは何でしょうか。
証券取引所は実際に株や債券などの金融商品の売買取引を行う場所で、日本にはもっとも有名な東京証券取引所(東証)を始め、名古屋証券取引所(名証)、福岡証券取引所(福証)、札幌証券取引所(札証)の4つがあります。
東京証券取引所が扱う金融商品の中では、会社の規模や業績に応じたグループ分けがされており、それぞれ東証一部、東証二部、JASDAQ、マザーズなどに分けられています。

一般に株を買うとは上場企業の株を証券会社を通じて証券取引所で売買することを指します。
例え上場していても私たち個人は証券取引所で直接売買することはできず、証券会社を介する必要があります。
証券会社を通じれば上場企業の株は自由に売買できるのですが、サントリーやロッテ、カルピス、森ビル、日本IBMなどのように有名な企業であっても非上場企業であれば証券取引所で株を買うことはできません。
株式会社である以上、非上場の中小企業なども全て株式を発行していますが、非上場企業の株は市場を通じて買うことはできないため、オーナーと直接取引するしかありません。

株価は需要と供給のバランスで決まる

本来の株価は時価総額÷発行済み株式数で決定されます
先ほどの例で考えると、資本金1,000万円の会社でAさんが500株、Bさんが300株、Cさんが200株を持っていたため、時価総額は1,000万円、発行済み株式数は1,000株となります。
ここから、株価は1,000万円÷1,000株=1万円/株となります。
仮にこの会社が利益を1,000万円出したとすると、時価総額は2,000万円になります。
このとき、株価は2,000万円÷1,000株=2万円/株となり、企業の成長とともに株価が上昇しました。

このように会社が利益を上げれば株価も上がっていくものなので、
株主・・・株価上昇や配当により資産が増える
企業・・・事業規模が拡大し、より利益を出せるようになる
市民・・・より良いサービスを沢山の人が受けられるようになる

というwin-win-winの状態が生まれるのです。
誰も損しないプラスサムゲームが実現するので、株式投資は本来ギャンブルとはいえない性質があります。

しかし、現実としては買い手と売り手の需要と供給で株価が決まっています
株式も金融商品として売買されているため、商品である以上は買い手がいなければ価格は下がり、買い手が溢れたら価格は上昇していくという経済原理に基づいて価格が上下します。
現在の株価には将来この会社が生むであろう利益が期待として加味されており、人によってその期待度はまちまちであるため、売り手と買い手のバランスにより価格が決定されます。

株式投資の儲けはキャピタルゲインとインカムゲインの2種類がある

株式投資にはキャピタルゲインとインカムゲインという2種類の儲けの出し方があります。
キャピタルゲインは売買の差益のことで、安く買って高く売ればキャピタルゲインが得られることになります。
インカムゲインは保有しているだけで得られる利益のことで、株主優待や株主配当など物品または現金を得ることができます。

株式投資と聞いて多くの人が思い浮かべるのがデイトレーダーと呼ばれる人々です。
彼らは一日の株価の動きの中で売買を何度も繰り返してキャピタルゲインを得ていく手法をとっています。
多くの人が株の利益というとこのような短期売買でのキャピタルゲインを想像しますが、このような取引手法は株式投資の中ではむしろ特殊です。
一般的には株式は数年以上の長期保有を前提として売買し、保有している間はインカムゲインを得ながら株価の上昇を期待する手法が普通です。
そのため、日中働きながら株価の動向を常にチェックして売買するというような必要はないため、社会人の方でも取り組みやすい投資になります。

資本家への一歩を踏み出そう!

以上をまとめると、
・株を買うということは会社のオーナーになるということ
・上場企業の株式を証券会社を通じて証券取引所で売買する
・株価は買い手と売り手の需要と供給のバランスで決まる
・株式投資の利益はキャピタルゲインとインカムゲインの2種類がある
・株式投資はギャンブルではない

となります。

テレビや雑誌で取り上げられる株式投資のニュースは、格段の成功者か失敗者のことしか特集しないため、投資に対して怖さや不安を覚えても無理はありません。
株式会社のことがわからなければ、株式投資に踏み出すことは躊躇してしまいますよね。
知らなければ知ればよい。
投資は正しく学べば経済的に豊かになれる大きな武器となります。
基本を知って資本家への一歩を踏み出して、経済的に豊かになれるよう勉強を続けていきましょう。

コメント